Tomoyuki Kurahashi Architecture Design Office
愛知県岡崎市建築家 倉橋友行建築設計室 - 注文住宅、店舗・各種リフォーム news and blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
12/29 季節の食卓 toki no syokutaku
b0207676_15135379.jpg
2013 12 餅つき

今年もこの時期になりました
鏡開きの為の下準備とでも言いましょうか
やはり つきたての餅は 格別です

by yukitmo | 2013-12-29 20:12 | 季節の食卓 | Comments(0)
yo house
現在進行状況
b0207676_21354370.jpg
b0207676_2136855.jpg
b0207676_21362121.jpg
現場にて 開口・床 打合せ
by yukitmo | 2013-12-16 21:10 | kado | Comments(0)
12/12 季節の食卓 toki no syokutaku 豊田散歩
地元豊田の良い所探し 
なかなか無いんです 
たまたま豊田民芸館 土偶展へ 
そのついでに美術館 反重力展へ 
maquette でコーヒ豆買って 秋の紅葉を横目に帰宅
b0207676_14014906.jpg
b0207676_14014925.jpg
円空も収蔵されてました


by yukitmo | 2013-12-12 15:56 | 季節の食卓 | Comments(0)
12/11 季節の食卓 toki no syokutaku 場所のチカラ
b0207676_12475540.jpg
建築の力と場所の力 

事務所から車で10分程の所 前事務所時代からちょくちょく通っている場所がある 
はじめてそこに行った時はワンプレートに色とりどりの野菜とメインディッシュがのった 
こじんまりとした洋食屋でした 
あれから数年 店は2~3回変わり何度も残念な気持ちを持ちながらその場所を横切りました 
朝久々に寄ってみると 喫茶店の様な店舗として営業していました 
少しばかり緊張して入り 西側の窓辺に座り 木洩れ日を見つつ 
場所の力を改めて感じた朝の木洩れ日でした

by yukitmo | 2013-12-11 13:07 | 季節の食卓 | Comments(0)
今日一日の事
帰りはRenault4に乗りながら。 ものつくりの感覚を今日一日色々な視点で感じれた余韻と共に帰宅。 あまり私的な部分は書かないようにしていましたが思考と体感から来る想いとは違い、その部分は自分の記録として綴る事とします。 朝宇野さんのオープンハウスへお邪魔させて頂きました。 建築は人間がつくる最も大きなものの一つ。 もちろん十何業種の職人さんによって完成にこぎ着けるわけですが、宇野さんの建築は現在至極一般的な建築の作り方とは異なって本当の意味でのつくると言う事をある一貫した一人の目を持ってつくられている。そんな建築でした。 そこには、ワクワク感の創造から素材との扱いまでがあり、作者の気持ちのいい楽しい感を感じれ、ものづくりの原点と言える作り方でした。 何とも勇気をもらえた感じです。 次に寄った所で念願の革靴を注文。 夫婦2人で本革を丁寧に縫って造る事で、7ヶ月と言う待ち時間が逆に楽しみに。 やっと大切にはき続けれる靴を手に入れる事ができ、大金でしたがなぜか気持ちのいい感覚。 楽しい靴との付き合い方を想像し嬉しい気持ちです。 次にいつも寄らせて頂いてるサハンさんへ。 ここは、僕にとって楽しい場所。 店主も然ることながら、作家さんの作品から骨董まで。 また、どこの国かも分からない雑器まで置いてある。 ちょくちょく行って素の材料として思考を膨らませる。 物との付き合ういい時間。たまにお茶も出してくれるし。 近辺の情報なんかも聞いちゃったり。いつもお世話になってます。 続きまして、サハンさんに教えて頂いたカフェへ。 空いた時間に仕事を気兼ねなくできる落ち着いた場所。 図々しくも数時間居座りました。 今設計している物件のディテール等を検討し、別の現場の想定と見積管理。 珈琲が美味しかったので豆も手に入れてきました。 こうゆう流れで手に入れる事。自然で気持ちいい。 仕事も進みました。ちょっとづつですが。お施主さん待たしてすいません。本当に。 次は、忘年会。 僕はこう見えて呑めません。シャイですし。苦手な方です。 結構忘年会と言う物に縁がなく、身近の集まりの様なものはありますが、今回は違いました。 今、施工して頂いている箱屋さんの忘年会。 凄い人数で社会に出てからアトリエ事務所しか行っていない僕としてはこれが所謂忘年会なのかと思いました。 今日はこの忘年会が僕の思考スイッチを入れてくれたのです。その光景は設計者から管理者、作り手までの顔ぶれ。 建築に関わる全ての方が同じ空気を吸って、同じ食事とお酒。普通かもしれませんが僕には新鮮でした。 建築は一人では出来ないことですが、それぞれが其々の仕事を全うし、その時間を共有する。 単純ですが、何とも良い感でした。 独立して数年。若造が総まとめである設計監理の立場にいて、作り手との関わりの中で試行錯誤しながら自分なりにやってきましたが、時には疑い、時には許し、大切なお施主さんのお金を有意義に使う事に躍起になり、ある意味自分でものづくりの原点を失いかけていたのかもしれないと思いました。なんと言っていいか分かりませんが、帰り道ふと気付かせてくれた忘年会でした。ありがとうございました。 やはり、忘年会とは今年の反省を強いて来ますね。 と言う事で、今年のまとめとしておきます。 

追記。 帰ってみると今設計しているお施主さんからCDのプレゼントがポストに。 何ともいいタイミングで泣かせてくれます。ありがとうございました。 キャトルネタもありましたが、割愛します。最近さぼっていたブログもまとめてアップします。今年中に!

by yukitmo | 2013-12-08 00:01 | 日々 | Comments(0)