人生フルーツ

風が吹けば 枯葉が落ちる
枯葉が落ちれば 土が肥える
土が肥えれば 果実が実る
こつこつ ゆっくり
人生フルーツ

もう一つの建築家の話

ふたりが暮らす家は、尊敬するアントニン・レーモンドの自邸を模した、
30畳一間、平屋建ての杉の丸太小屋
立面も樹木が生い茂ってやっとバランスがたもたれる
現代設計からするとあたらし目なところも何もないのかも
人生フルーツ_b0207676_15333107.jpg
津端さんの生き方を薄くレイヤーにかけ
自分の生き方をすかしてみてみる
形は違うが 遠目で見ると
トーンがなじむ そうなりたい

何でもやってみる 何かが見えてくる 
そんな感覚が素敵に思える

スローライフは孤独で自己責任でたのしいもの
だから 本当は いそがしライフ なのかも

そこにある物がおしゃれでなく
暮らし方がおしゃれで
またまた しっくりくるおしゃれ

そんなおしゃれなら恥しがらず出来ると思う
僕も 今年で40代
もう一つの建築家になりたい

敷地の中の建築物 環境の中の暮らしである

by yukitmo | 2017-03-20 15:32 | 日々 | Comments(0)