Tomoyuki Kurahashi Architecture Design Office
愛知県岡崎市建築家 倉橋友行建築設計室 - 注文住宅、店舗・各種リフォーム news and blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:日々( 149 )
軽トラと散歩
b0207676_00481812.jpg
b0207676_00483033.jpg
ひさびさの寄り道

R4車のプラグがかぶって 急遽 軽トラで名古屋市役所へ

帰り道 なんだかんだで はじめての ” 喫茶 クロカワ ” さんへ
水出しコーヒーと引き算の話し Nさんの話し レーモンドの話し
場所探しの話し トイレからのデザインの話し ラワンの話し、、、
 
ここ最近の気分転換になりました
また 寄らせてください

by yukitmo | 2018-05-18 22:16 | 日々 | Comments(0)
僕が 建築人生で考えてきたベクトル
ちょっとだけ どうでもいい私的な事を載せます
普段 引用などしませんが(著作権とか問題あればすいません)
YAHOO NEWSにて

僕が建築人生で 共感できる考えに同意する文章がありました
大変おこがましいですが 
僕よりはるか1万倍才能豊かなミュージシャンと記者の力を添付しました

建築をしれば知るほど『建築を考えるとき 建築をみてはいけない』
そんな事を 大学の時から考えてきました
そうなるには大学でいろんな葛藤があり 
出た結論は建築においてアウトサイダーに生きることでした
もともと 性格的にもそんな感じでしたので むしろ腑に落ちた感じ
その光が大学で見えたことは大きくこの20年間のエネルギーとなってました

それで 20年間考える事のベクトルが崩れずに来たと思います
共有されない苦しさは 現時点でも色々点在してますが
独立して10年を超え思うことは
施主さんが僕の一番の理解者だなと 時々思うことです
本当に深く感覚的に僕のことをちゃんと捉えてくれて来てくれるのは驚きます
今までで出会った全て人の中でほとんどいない中

そう思えることも 僕が思うベクトルの先のことだから
またこれも腑に落ちる 本当に感謝と感激であります
ありがとうございます



by yukitmo | 2018-04-27 20:28 | 日々 | Comments(0)
活版印刷
ok houseの施主さんに誘われて
岡崎の活版印刷屋さんに行ってきました

もうこの姿見れば 文句なし
かっこいいです!
b0207676_00542213.jpg

by yukitmo | 2018-03-25 01:12 | 日々 | Comments(0)
冬道具
現在 事務所は暖房を切ると 3秒ほどで ”す〜っと”
どこからか冷気が 首元を横切っていきます

そんな環境だからかもしれないが
ヤカンでお湯を沸かす風景が
音とともに心地良く感じる

生活の中に 冬道具って結構存在しているのだと
ふ と

と言う事で
僕のプジョー(ミル)も 磨いてみたり

ー別日ー
箸のお手入れが無性にしたくなったので、、、
割り箸との違いは明らかにあるのに
何なんだろうと、、、
ちょっと 微笑みながら耐水ペーパーで磨く(#400 #1000)
もちろん オイルも
b0207676_01520287.jpg
b0207676_01521270.jpg
b0207676_02111842.jpg


by yukitmo | 2018-01-22 16:51 | 日々 | Comments(0)
2017年 最後の映画と共に

2017年が終わりに近づき、最後に観た映画は『12 years a slave それでも夜は明ける』でした。

1800年代のアメリカの黒人奴隷制度の話ですが、今年の私的な出来事も相まって何か生きるというシンプルな部分をリセットさせてくれました。

こうすれば良いという答えなんて全てのものになく、生きるとは波のように振幅すること。

この映画の主題も、人間が自然に持つ理想というものの裏側に奴隷制度が存在していた。

どう生きるかはその人それぞれであるが、僕は波のように振幅し続けようと改めて思った。

b0207676_23154241.jpeg


40歳節目の今年に、長年抱えていた病とも折り返しとなる機会をいただき、感謝と共にこの2017年を締めくくることができました。

正月らしい準備や気持ちも通年とは違いますが、新たな気持ちで新年を迎えます。

今年も関わった方々が居て、いろんな事を感じ、一歩一歩成長させていただきました。

皆様にとっても、明るい年となりますように願ってます。

ひとまず、良いお年をお迎えください。


設計を任せていただけるお施主さん

建築を共に作り上げていただく監督さん職人さん

来年もよろしくお願いします


by yukitmo | 2017-12-31 22:23 | 日々 | Comments(0)
改 ジャコメッティ 豊田市美術館


b0207676_16135619.jpg
                                   二股のアプローチ
b0207676_16135652.jpg
雨 石の鏡
b0207676_16135767.jpg
撮影可能場所
b0207676_16135782.jpg
猫と散歩

ジャコメッティを 今までは 作品の形や質感としての興味が強かった
今回の展示で改め ジャコメッティ 人としての興味へと変わった
いい展示だった

ジャコメッティがどんな視点で作品に取り組み 苦悩し 表現してきたか
人生の課題と形がリンクし 解説をワクワクしながら観進めた
色々学ぶことができたが 一つだけ
『見えるものを 見えるままに』という葛藤

最近読んだ小説の本の末尾解説に
その作家(三浦しをん)の”文体、文態”の話があった
その中で話されている 作家の軸(骨と肉)らしくあるものが
今回のジャコメッティ展でも その人となりが感じられた
作家と作品が同調反発し 関係している
楽しく好きな展覧会でした

by yukitmo | 2017-12-01 17:01 | 日々 | Comments(0)
何気ない起伏
b0207676_22030641.jpg
b0207676_22033144.jpg
社会にとって”都市部にいかに暮らすか”という問いは、近代ずっと課題の中心であったと思う。
むしろその問題が人間社会の住問題の集約された部分かのように思われて来た。
もちろん試行錯誤から現在に至るまでの成果に関しては、否定しようもない大成果だとは思う。
しかし、私的にも、今この時代的にも
”いかに地方に暮らすか”という問いが、これからの50年課題の中心であることは
僕にとって希望の課題のように思える。社会にとっても。
これは、地方が中心ということではなく、ベースが地方ということ。
僕も含め、都市だろうと地方であろうと、
地方を所在のない借り物のように捉える視点は、単焦点すぎる。一時代的すぎる。
今社会は、”均一化時代からの脱却”が一つベクトルだと思う。
それに部が合いそう。
この問いは、僕ら世代では幼少期からその価値観を容易に想像してこれたと思うが、
この今、改めてそのベクトルの舵が切られるような気が、僕の中で起こっている。

私的な日記です
散歩をしながら つらつらと思ったことを あらためて記した

近年竣工した物件には
そんな思いもベースとして沈着している



by yukitmo | 2017-11-26 22:11 | 日々 | Comments(0)
石切場
b0207676_02560244.jpg
b0207676_02571358.jpg
N庭師さんに石切場に連れて行ってもらいました
感動的な空気感

ある意味 純粋な自然を感じることができました
気持ちよかった

ありがとうございました

by yukitmo | 2017-09-18 03:15 | 日々 | Comments(0)
hoi house
b0207676_00023640.jpg


















                                 ーphoto 施主ー
庭も完成し
夕景の写真をいただきました

心地良い光が 良い匂いを漂わせています
こころ休めて 過ごしてくださいね

by yukitmo | 2017-09-14 00:26 | 日々 | Comments(0)
新しい拠点
b0207676_00152210.jpg
来年は 
また新しい場所へ移ることとなりました
詳しくは 
落ち着いたらブログにて報告させていただきます

by yukitmo | 2017-09-14 00:14 | 日々 | Comments(0)