Tomoyuki Kurahashi Architecture Design Office
愛知県岡崎市建築家 倉橋友行建築設計室 - 注文住宅、店舗・各種リフォーム news and blog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:日々( 154 )
点から街ー美濃加茂ー
b0207676_10375273.jpg
b0207676_10383191.png
b0207676_10381070.jpg
b0207676_10383895.jpg
久しぶりの美濃加茂

コクウ珈琲さんのドリップ講座に
独立以降 淹れてきたコーヒーが
出会いと共に 変化していく

新たに革のお店がrofmiaさん
畳の上がり 工房 中庭
一連の流れが
なんとも言えぬ 作り手への安心感を感じました
馬皮雑具 オススメです

お施主さんがご厚意にしてもらっている
WOHL HÜTTE さんへ
いつもながら
この風景を望むのでなく
この風景が家具と共に 一体となっている

時間的に行けませんでしたが
crossingさん

場から一つづつ
だんだんと広がる感が 久しぶりにワクワクしました

by yukitmo | 2019-02-16 10:36 | 日々 | Comments(0)
あいちトリエンナーレ地域展開事業

Windshield Time - わたしのフロントガラスから 現代美術 in 豊田

平成31年1月19日(土)から2月11日(月・祝)まで(24日間)

b0207676_21575601.jpg
b0207676_21582847.jpg
b0207676_21582834.jpg
b0207676_21582930.jpg
b0207676_21582931.jpg
b0207676_21582988.jpg
b0207676_21582998.jpg

by yukitmo | 2019-02-02 22:04 | 日々 | Comments(0)
素材について

カブの季節。

カブには、可愛らしい見た目にそぐわず、エグ味や、食感の多様さがある。

多様さがあると言うと、聞こえはいいが、これと言っての決め手がない食材でもある。

腑に落ちない食材なのである。

大根のように美味しい出汁と煮込めば、しゅんと染み込まない。

だが、酢漬けにすると、なんとも言えぬしっとりと漬かる。

また、油との相性が良く焦げ目がつくくらいにこんがり焼くと、

煮込みでは出せなかったしっとりさが出る。

また、エグミと油が調和する。

一つの素材を見つめているだけで、

周辺の関係性と発想、展開、探求、存在意義へとつながっていく。

b0207676_18202981.jpg

建築において、素材を語るに色目を添えて見る時代の中、食に置き換えると腑に落ちる。

食が、サプリメントで栄養を摂取する時代になるまでどのくらい先になるのだろうか?

現実、相当先であるだろう。

建築において、そこにある素材(物質素材、環境、社会心理、家族(人間)関係)を見つめる事は、

哺乳類が形を変えるまで存在し得るだろう。

その関係性の中に、価値観と論が様々存在するだろう。

その中で何が変わらなないもので、どう、向き合っていくか。


生活のベースに素材との対話がある事がどんな世界にも通ずる変わらないものであることは、

なんて幸せな事なんだろうと食材と対峙しながら改めてそう思う。

建築も同じ。

食と同じライン(歴史)の存在である。

b0207676_18165396.jpeg

冬の自家製野菜と毎度の仕込み(素人)より


by yukitmo | 2019-01-29 18:42 | 日々 | Comments(0)
柿渋のいい作業
日常で
いい作業がある生活を送りたい
そんな日日

そこにあること
自分なりに 少し整え

柿渋との時間
b0207676_22542088.jpg
2019年 年明け
インフルエンザにかかり 少し休養中

すいませんが
来週いっぱい休業させていただきます



by yukitmo | 2019-01-12 22:57 | 日々 | Comments(0)
今も昔も 散歩の時
散歩で おっ!と立ち止まって建物を遠くからみる
そんな 怪しい行動はもう何十年のプロである
”挙動不審なならない” ”立ち入らないラインはやさしめに” 。。。
いろんな技がある 笑
それよりも 建築が好きで見ているのだと言う「正当精神」を胸に散歩をする


立ち止まって見たくなる 何か臭いのある
そんな建築を作りたい
b0207676_16373551.jpg
b0207676_16373566.jpg
b0207676_16373598.jpg

by yukitmo | 2018-09-21 16:36 | 日々 | Comments(0)
A lecture 6times in matsumoto
b0207676_00044253.jpg
b0207676_00044236.jpg
b0207676_00044206.jpg
「すぐそばの工芸」
出版本に関わった作家たちによる
1日6回の講演会 通しで聞きに言って来ました
いつもの指針を改めて思い出させてくれた
そんな1日でした

by yukitmo | 2018-05-25 21:05 | 日々 | Comments(0)
軽トラと散歩
b0207676_00481812.jpg
b0207676_00483033.jpg
ひさびさの寄り道

R4車のプラグがかぶって 急遽 軽トラで名古屋市役所へ

帰り道 なんだかんだで はじめての ” 喫茶 クロカワ ” さんへ
水出しコーヒーと引き算の話し Nさんの話し レーモンドの話し
場所探しの話し トイレからのデザインの話し ラワンの話し、、、
 
ここ最近の気分転換になりました
また 寄らせてください

by yukitmo | 2018-05-18 22:16 | 日々 | Comments(0)
活版印刷
ok houseの施主さんに誘われて
岡崎の活版印刷屋さんに行ってきました

もうこの姿見れば 文句なし
かっこいいです!
b0207676_00542213.jpg

by yukitmo | 2018-03-25 01:12 | 日々 | Comments(0)
冬道具
現在 事務所は暖房を切ると 3秒ほどで ”す〜っと”
どこからか冷気が 首元を横切っていきます

そんな環境だからかもしれないが
ヤカンでお湯を沸かす風景が
音とともに心地良く感じる

生活の中に 冬道具って結構存在しているのだと
ふ と

と言う事で
僕のプジョー(ミル)も 磨いてみたり

ー別日ー
箸のお手入れが無性にしたくなったので、、、
割り箸との違いは明らかにあるのに
何なんだろうと、、、
ちょっと 微笑みながら耐水ペーパーで磨く(#400 #1000)
もちろん オイルも
b0207676_01520287.jpg
b0207676_01521270.jpg
b0207676_02111842.jpg


by yukitmo | 2018-01-22 16:51 | 日々 | Comments(0)
2017年 最後の映画と共に

2017年が終わりに近づき、最後に観た映画は『12 years a slave それでも夜は明ける』でした。

1800年代のアメリカの黒人奴隷制度の話ですが、今年の私的な出来事も相まって何か生きるというシンプルな部分をリセットさせてくれました。

こうすれば良いという答えなんて全てのものになく、生きるとは波のように振幅すること。

この映画の主題も、人間が自然に持つ理想というものの裏側に奴隷制度が存在していた。

どう生きるかはその人それぞれであるが、僕は波のように振幅し続けようと改めて思った。

b0207676_23154241.jpeg


40歳節目の今年に、長年抱えていた病とも折り返しとなる機会をいただき、感謝と共にこの2017年を締めくくることができました。

正月らしい準備や気持ちも通年とは違いますが、新たな気持ちで新年を迎えます。

今年も関わった方々が居て、いろんな事を感じ、一歩一歩成長させていただきました。

皆様にとっても、明るい年となりますように願ってます。

ひとまず、良いお年をお迎えください。


設計を任せていただけるお施主さん

建築を共に作り上げていただく監督さん職人さん

来年もよろしくお願いします


by yukitmo | 2017-12-31 22:23 | 日々 | Comments(0)


OFFICE HP
http://tk-ado.com/
カテゴリ
以前の記事